ポンプ搭載ゲート

ポンプ場の必要がありません

ポンプ搭載ゲートは樋門ゲートと水中ポンプを一体化した河川排水路における強制排水設備として注目されています。
ゲート用横型水中軸流ポンプを採用し大同で培ったノウハウを取り入れ運転時の不意な故障や異物噛み込みによるロック時の保守性や点検作業を大幅に改善すると共に、騒音や振動を抑え、水密性を向上させたゲートを実現致しました。

ポンプ搭載ゲートシステムの特長

ポンプゲートシステムはゲートとポンプを一体化した排水設備です。既存の水路をそのまま使用して設置可能なため従来の排水機場のように用地の取得や大がかりな土木工事も必要ありません。大幅な建設費の低減、工期短縮が図れます。

  • ポンプ搭載ゲート方式
  • 排水機場方式

ポンプ搭載ゲート

正圧/逆圧止水ゲート方式

  • 逆圧止水ゲート
  • 正圧止水ゲート

配置例(模式図)川裏設置型

逆圧止水ゲートの特長
1.自動接続方式が可能
2.機器が集約されるため、運転操作・メンテナンスが容易

正圧止水ゲートの特長
1.ゲートの水密が保ち易い構造
2.機器が集約されるため、運転操作・メンテナンスが容易
3.ポンプが隠れるため美観を損ないません

配置例(模式図)川表設置型

逆圧止水ゲートの特長
1.ゲートの水密が保ち易い構造
2.樋管にポンプ吐出圧がかからないので吐出水槽が不要
3.ポンプゲートが締切ゲートを課ね川裏のゲートが必要なくなり、機器数も大幅な縮小が可能


※仕様は予告なく変更することがあります

ページTOPへ ▲